Advanced Custom Fieldsを活用した条件分岐 (中身が空だったら)

wordpressの便利機能の1つとして、カスタムフィールドを活用されるケースも多いと思います。

Advanced Custom Fieldsプラグインを利用すると、さらに複雑な機能も利用できます。

今回は、カスタムフィールドの項目中身より条件判断する場合の1例をご紹介致します。

カスタムフィールドの中身が空だった場合

————————————————————————

この記述ではカスタムフィールドが空だった場合に表示されます。

<?php $ctm = get_post_meta($post->ID, ‘カスタムフィールド名’, true);?>
<?php if(empty($ctm)):?>
空欄だった場合に表示されます。
<?php endif;?>

————————————————————————

また以下の記述ではカスタムフィールドが空欄だった場合と記述がある場合での表示切替を行います。

<?php $ctm = get_post_meta($post->ID, ‘カスタムフィールド名’, true);?>
<?php if(empty($ctm)):?>
空欄だった場合に表示されます。
<?php else:?>
記述が有る場合に表示されます。
<?php echo post_custom(‘カスタムフィールド名’);?>
<?php endif;?>

————————————————————————

ひとつのカスタムフィールドに複数の記述がある場合

<?php $ctm = get_post_meta($post->ID, ‘画像’, true);?>
<?php if(empty($ctm)):?>
空欄だった場合に表示されます。
<?php else:?>
<?php $thumbs = post_custom(‘画像’); ?>
<?php if(count($thumbs) == 1 ):?>
ひとつ記述が有る場合に表示されます。
<?php echo post_custom(‘画像’);?>
<?php elseif(count($thumbs) >= 2 ):?>
複数の記述が有る場合に表示されます。
<?php foreach ($thumbs as $key => $value) { echo $value; } ?>
<?php endif;?>
<?php endif;?>

wordpressの利用範囲が広がりますので、是非試してみてください。

関連記事

  1. WEBサイトにInstagramを簡単に表示できるjQueryをご紹介…

  2. 投稿カテゴリーを一括変更できるWordPressプラグイン

  3. Youtubeの埋め込みをレスポンシブ対応するCSS

  4. メディア追加時の自動で挿入される「画像挿入時にwidthとheight…

  5. sidebar.php ウィジェットを使用しないでオリジナルで制作 カ…

  6. ホームページ担当を”パソコンが得意な人”で選ん…