【ドメイン】各レコードの意味(解説)について

ドメインのレコードって難しいですよね。

簡単に概要を記載します。

■■■Aレコードとは■■■

A(Address)レコードは、ホスト名とIPアドレスの関連づけを定義するレコードです。

例:レンタルサーバーのIPアドレス 222.222.222.111 と aaaa.com を関連づける。

こちらの設定が正しくないと、ドメインを取得してもWEBやメールは使用できないです。

【参考サイト】
https://wa3.i-3-i.info/word12288.html

----------

■■■CNAMEレコード■■■

CNAMEレコードは正規ホスト名に対する別名を定義するレコードです。
特定のホスト名を別のドメイン名に転送する時などに利用します。
※正規ホスト名はAレコードが登録されている必要があります。
※特定のファイルやサブディレクトリを指定する事はできません。
※ホスト名なしのCNAMEレコードは登録することができません。

例:sub.aaaa.com. IN CNAME hoge.example.com.
  hoge.aaaa.com. IN A 222.222.222.111 

hoge.example.com. と sub.aaaa.com. を関連付けます。

【参考サイト】
https://wa3.i-3-i.info/word12290.html

----------

■■■MXレコード■■■

MXレコードは、対象ドメイン宛のメールの配送先(メールサーバ)のホスト名を定義するレコードです。

※MXレコードのホスト名はAレコードが登録されている必要があります。
※メール配送先の優先度を設定します。(値が小さいほど優先度は高くなります。)

例:【ドメイン名】 IN MX 【優先度】 【配達先メールサーバ】

  つまり

  example.com. IN MX 10 mail.example.com.

【参考サイト】
https://wa3.i-3-i.info/word12287.html

----------

■■■TXTレコード■■■

TXTレコードは、ホスト名に関連付けるテキスト情報(文字列)を定義するレコードです。
送信ドメイン認証の認証情報などを記述します。

単純にコメントが記載されているレコードになります。

例えば、Gsuiteを利用する場合は、認証用としてこちらに記述することもあります。

【参考サイト】
https://wa3.i-3-i.info/word12294.html

----------

■■■SRVレコード■■■

SRVレコードは、負荷分散サービスの提供/冗長性の確保/サービスポート番号の通知を可能にするレコードです。

----------

■■■NSレコード■■■

NSレコードとは、ゾーン情報を管理するネームサーバーのサーバー名を定義するレコードです。
※NSレコードのホスト名はAレコードが登録されている必要があります。

----------

関連記事

  1. PHPで日付関数を使いこなす(日付条件指定)$now = date("…

  2. wordpress カテゴリーページのディスクリプション設置方法につ…

  3. GoogleアナリティクスでYahoo!プロモーション広告からのアクセ…

  4. WEBサイトにInstagramを簡単に表示できるjQueryをご紹介…

  5. ホームページ担当を"パソコンが得意な人"で選んでいませんか??

  6. 検索エンジン(robot)に特定のディレクトリだけインデックスさせない…